ETS2 プロファイルを複製してみる

 この記事は、私がニコニコチャンネルのブロマガで2017/01/11に書いた記事をBloggerに移動させたものです。 移動時に加筆・修正を行いました。

2019/04/13追記
記事内で紹介している「SII_Decrypt」がプロジェクト中止となり、ソフトのダウンロードが出来なくなりました。
リポジトリ等も削除され、通常の手段では入手が出来ない状況になっております。

記事としては残しておきますが、この手順でのプロファイルの複製は出来ない事をあらかじめご了承くださいませ。


どうも、け~えすです。
新年も明けてしまいましたが、本年もよろしくお願い申し上げます。

今回のネタは、ETS2のプロファイル(セーブデータ)を丸ごと複製する方法です。
ちなみに「プロファイルって何?」って人もいると思いますが、今回の場合はETS2起動時に選択するプロファイルの事を指します。



この記事では、け~えすがマルチプレイ専用で使っている「Kusana[JPN]」のプロファイルを複製して行く手順を書いていきます。

手順その1:元になるプロファイルを決める。
ETS2のセーブデータなどは、デフォルトであれば「マイドキュメント¥Euro Truck Simulator 2\profiles」に置かれているはずです。
ですが、プロファイル名がそのまま置かれてる訳ではなく、任意の文字列になってしまってます。

これだとどれがどれだか解らなくなるので、目的のプロファイルで一度ETS2をPlayして終了させます。
そうすると「更新日時」が新しい物に変わるので、これを目印とします。
そのフォルダを開いて、「profile.sii」を別のフォルダにコピーしておきましょう。

手順その2:profile.siiをテキストエディタで開こう
先程コピーしたprofile.siiですが、設定ファイルなので通常であればテキストエディタで開くことが出来るのですが、暗号化されているのか普通では開けません。
その為にSavegame decrypterと言うツールが公開されているのですが、なぜかそのままだと正常に変換されないのです。
Savegame decrypterが公開されているページ(SCSフォーラムへのリンク)(公開終了に伴いリンクを解除しました)の16ページの
「Sniper」氏の書き込みにSII Decryptのダウンロードリンクがありますので、このSII DecryptをDLして下さい。
DLして解凍したら、SII_Decrypt.exeが出てくるはずです。 このEXEと先程コピーした
profile.siiを任意のフォルダに置きます(念のためフォルダ名に2バイト文字を使用しない方が良いです。)

以上の準備が出来たら、profile.siiをSII_Decrypt.exeにドロップしてください。
一瞬コマンドプロンプトの黒い画面が出て消えるはずです。 これでOKです。
さっきドロップしたprofile.siiをテキストエディタで開いてみてください。
文字化けとかせずに読める状態になると思います。 これで変換手順は終了です。

手順その3:新しいプロファイルを作る。
ETS2を起動し、新しくプロファイルを作りましょう。

プロファイル名はSingle 後は適当に決めてます。
この後コントローラーの設定はスキップし、適当に本拠地を決めて最初の配送まで進めます。
トラックが表示されたら一旦終了させます。

手順その4:新しいプロファイルにセーブデータをコピーする。

赤線が引いてあるのが新しく作られた「Single」のプロファイル用フォルダです。
そして、一番上にあるフォルダが、コピー元である「Kusana[JPN]」のフォルダになります。

Kusana[JPN]のフォルダを開き、その中身をすべてSingleのフォルダに上書きコピーします。
コピーが終われば、手順2で変換処理をしたprofile.siiをSingleのフォルダに上書きコピーしましょう。

手順その5:profile.siiを修正しよう。
その4でコピーしたprofile.siiをテキストエディタで開きます。
開いたら一番下までスクロールさせて下さい。
最下部から数行上に「profile_name:」の記述があるはずです。


ダブルクォーテーションで囲まれた所がプロファイル名になるのですが、コピー元の
「Kusana[JPN]」になってますよね?
ここをSingleに変更して上書き保存をします。これですべての作業が終了です。

この後ETS2を起動してSingleのプロファイルを選択してみてください。
コピー元のプロファイルと同一のセーブデータで動いているはずです。

ちなみに、手順その3でプロフィールを色々と決めてましたが、すべてコピー元のプロフィールになってしまいます。 ご注意ください。


簡単な解説
プロファイルデータをそのままコピーしても、profile.siiの「profile_name:」に書かれているプロファイル名と異なるため、ETS2が不正データと判断してプロファイルを表示させません。
その為にprofile.siiを修正する必要があり、SII_Decrypt.exeを使う必要がありました。

それと、profile.siiは暗号化されていない状態でも読み込まれますが、ゲーム終了時に自動的に暗号化されます。 なのでプロファイル名変更後に再暗号化する必要はありません。


以上でプロファイルの複製手順の説明を終了します。
あまり使いどころが無いネタですが、参考になれば幸いです。


スポンサーリンク

11 件のコメント :

  1. 初めまして。SCS decryptでハイブリットトラックを作成しようと思っていたのですが、どうやら16ページのリンクが死んでしまっているようでSCS decryptをダウンロードすることができません。可能でしたら配布してほしいです。二次配布厳禁のものでしたら諦めます。調べた限りではヴァージョンが古いものと動作しないSCS decryptしか見つからず質問させていただきました。

    返信削除
    返信
    1. 匿名さん、コメントありがとうございます。

      状況が解らなかったのでSniper氏のスレッド(SII_Decrypt、D.A.R.T、ACC)を見てきたのですが、Sniper氏の個人的な事情で開発の続行が出来す、すべてのプロジェクトをクローズしたみたいですね。

      再配布についてですが、
      ・自分が持っている一番新しい物のReadMeを読んだのですが特に再配布についての言及がない事(書いていないから可能って判断は乱暴かなと思います)
      ・ソースコードを公開していたGitHub等のリポジトリをすべてクローズド(404)にしている事。
      ・SCS公式フォーラムのスレッドもクローズドの状態である事。

      上記の状況を考えると、無条件の再配布をするのは難しいと考えます。

      ただ、Virtual Speditorの最新版(2.06)にSII_Decryptが同梱されていましたので、こちらであれば今のVerでもsavedataの暗号解除は可能かと思います。
      https://k-es-ets2.blogspot.com/2019/02/ets2virtual-speditorver206.html を参考にして下さい。

      再配布についてはご希望に添えない形となりましたがお許しください。

      削除
  2. 本当にありがとうございます!!!ver1.2を再配布してる方が居たのですがダウンロードサイトが聞いたことなかったのでそちらのページに飛んだところver1.4がありました。凄く役に立つ情報ありがとうございます。ツイッターをフォローさせて頂きました

    返信削除
  3. https://twitter.com/Skylake_White/status/1117133226718273537?s=19

    無事ルノープレミアム×新スカのハイブリッドが作れました。本当にありがとうございます。


    コメント欄を荒らしてしまって申し訳ないです。

    返信削除
    返信
    1. 上手く見つかったようで何よりです。 ツイッターを見ましたが違和感ない作りになってますねー。
      キャブ後ろの煙突マフラーを付けたかったので、スカニアとかDAFのシャシーとMAN E6をドッキングさせようとしたんですが、バンパー周りが上手く行かなくって断念した思い出がorz

      節度と周りへの配慮をしていただけるなら、自分はコメント欄は自由に使っていただいてOKだと思ってます。
      思わぬ情報とか気づきがあるかもしれませんので!

      今後ともよろしくお願いします。 後ほどフォローバックさせていただきます。
      最後に、返信が遅くなってすみません。 メール通知が来てなくって気づかなかったんですm(__)m

      削除
  4. 以前MPにてハイブリッドでもなんでもないイベコにスカニアのV8煙突マフラーをくっつけてた人が居たので、すごい気になりました。スカニアのマフラーを移植しようとしてもアクセサリースロットがうまく増設できないので断念してたのですが難なくこなす人もいるのですねw

    返信削除
    返信
    1. 改造関連は疎いので推測レベルの話で恐縮ですが、アイテムスロットはモデル側にも設定があるはずで、siiの書き換えだけでは無理だったはず。
      なのでイベコにスカニア煙突の方法は全く想像がつきません。 出来たらMANにも煙突が・・・orz

      匿名さんのツイッターのMAN煙突見ましたよ。 フロントライトやバンパーもMANにしたくてすったもんだしたんですが、スカニアもDAFもバンパー・ライト周りの移植方法が解らなくって断念しました。
      今後来るかもしれないMAN用パーツDLCの発売を待つつもりですw

      削除
  5. はじめまして、色々参考になる解説でいつも助かって居ります。

    ATSのプロファイルをコピーしようとして気付いたのですが、スチームクラウドに同期させて作ったプロファイルは、PC内には保存されない様ですね・・・
    け~えすさんの指南通りにやってみても新規プロファイルを探せず、ゲーム画面と暫し睨めっこしてて、はたと気付きましたw
    まぁ、こんな間抜けなヤツも稀かとは思いますが、もし宜しければこの事も書いて頂ければと思う次第です・・・^^;
    もし「そんなん常識やろ!」的な話であれば、さらっと流して頂ければ助かりますw

    返信削除
  6. よぴぴさん、コメントありがとうございます。

    自分がSteamクラウドを使わない(正確には使いたくない)人なので、記事を書いてもその後の記事メンテや追記をしない方向になりそうで、それは責任感のないやり方だなーと思ってあえて今まで書かなかったって状況です。

    なので、あえてこのコメントスペースで色々と書いていきましょうw


    ETS2でのSteamクラウドは、セーブデータをクラウドに保存します。 ゲーム中はPC内の一時ファイルとしてセーブデータは残りますが、ゲームを終了するとクラウドにコピーされて一時ファイルのPC内セーブデータは削除されます。

    で、この状態でセーブデータを改造するのは正直厳しいので、Steamクラウドをやめる事でしか解決できないと思います。

    ETS2やATSを起動した後にセーブデータ(プロフィール)の選択画面が出ますよね?
    クラウドをやめたいセーブデータを1回クリックし、その後右下の「編集する」ボタンを押してください。

    会社名の下に「Steam Cloudを使用する」に入っているチェックボックスを外し、その後ゲームを起動してください。
    起動したらゲームを終了させてください。 記事の説明通りの場所にセーブデータが出てきているはずです。

    こんな感じでしょうか? 実際には試してないので、間違いがあるかもしれません。
    一度試していただけませんでしょうか? よろしくお願い致します。

    返信削除
    返信
    1. スチームクラウドが何者なのか良く理解していなかったので、凄く為になりました!^^

      んで、結論から申しますと夕べの内にけ~えすさんが書かれてる内容に行き着き、無事コピー成功しました!
      MODの競合等を探るのにtestプロファイル有った方が楽なので、凄く助かりました。
      本当に有難うございました^^

      削除
  7. 訂正

    ・間違い
    会社名の下に「Steam Cloudを使用する」に入っているチェックボックスを外し、その後ゲームを起動してください。

    ・正解
    会社名の下に「Steam Cloudを使用する」に入っているチェックボックスを外し、右下の「適用」を押してその画面を閉じてください。
    その後ゲームをいつもの手順で起動してください。

    以上の通り訂正いたします。 すみません。

    返信削除

現在コメント入力は出来ません。

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。